アレクサンダー オフィシャルブログ「ねこのしっぽ欲しいな」Powered by Ameba

アレクサンダー オフィシャルブログ「ねこのしっぽ欲しいな」Powered by Ameba




スペイン生産者ラ行

マタドール フアン ムニョス 2009 レメリュリ ハイメ ロドリゲス サリース 赤ワイン 数量限定,新品

《アート×ワイン》 スペイン・ワインの革命児 、テルモ・ロドリゲス氏。 限定キュベの『ラス・ベアタス2015』が、パーカー・ポイント100点を獲得し、名実ともに スペイン・ワインのトップ生産者のひとり に仲間入り! そのテルモ氏が、アート雑誌 『マタドール』 との コラボ で、毎回違う生産者のワインをプロデュースするシリーズ、マタドールの中でも、特別な1本をご紹介します。 なんと、テルモ氏の実家であり、リオハの名門でもあるレメリュリで、 テルモ氏の父が醸したラスト・ヴィンテージ です! ほど良い熟成感も楽しめる味わい はもちろん、 ラベルもアーティスト作 、父と息子の思いの詰まったエピソード付きとくれば、 プレゼントにもピッタリ です! INFORMATIONNameMatador Juan Munoz Telmo Rodriguez & Remelluriブドウ品種テンプラニーリョ/ガルナッチャ/グラシアーノ生産者名ハイメ・ロドリゲス・サリース 産地スペイン/リオハRegionSpain/Rioja内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating

マタドール フアン ムニョス 2009 レメリュリ ハイメ ロドリゲス サリース 赤ワイン 数量限定,新品 —— 4,000円

スペイン生産者ラ行

ランサガ 2011 テルモ ロドリゲス 赤ワイン 得価,最新作

1級に選ばれました! ティム・アトキンMWが選ぶ、 『リオハ格付け』 で、 1級 に選ばれた、テルモ・ロドリゲスのボデガス・ランサガ。 なんとこのたび、そのテルモ・ロドリゲスと相棒のパブロ・エグスキサが、 ワインメーカー・オブ・ザ・イヤー に輝きました! スペイン・ワインの魅力、リオハの魅力を常に追求し続けて来た、彼らの受賞には誰もが賞賛を贈っているに違いありません。 そんな、 リオハ屈指の実力派かつ、時代をリードする二人が手掛けているリオハ・ワイン が、ランサガです。 リオハの老舗ワイナリー、レメリュリを実家に持つテルモにとって、自らがリオハで醸すランサガには、特別な思い入れがある事は間違いありません。 価格的にも安定しているリオハの上質なワインは、ワイン好きが注目するに値する地域ではないでしょうか。 ならば、 まずはこの1本から お試し下さい! ■『Wine Report』より抜粋■ 英国のティム・アトキンMWが、スペイン・リオハの優良生産者を格付けした2019年のリオハ格付けを含む 「リオハ 2019 スペシャル・レポート」 を発表した。 2週間にわたる現地リサーチで、100を超す生産者を訪問し、ロンドンでも試飲し、計1100以上のワインに得点をつけた。今回で4回目。681ワインが90点以上を獲得し、102ワインが95点以上、4ワインが98点以上を得た。リオハの向上を物語っている。 ランシエゴのボデガ・ランサガのテルモ・ロドリゲスとパブロ・エグスキサが、 ワインメーカー・オブ・ザ・イヤーに輝いた。 ■『WINWE REPORT』より抜粋■ スペイン・リオハの最良生産者を格付けした 『2017年 リオハ格付け』 を含む『リオハ 2017 スペシャル・レポート』を、英国のティム・アトキンMWが発表した。 格付けは2015年版に続く第二弾で、3週間にわたって550生産者を試飲した現地取材と30年間にわたる経験に基づいている。 ボルドー1855年の格付けにならって、1−5級とクリュ・ブルジョワを選んでいる。アルトゥケ、 ボデガ・ランサガ 、コンティノ、ロダ、マルケス・デ・リスカルが 1級に昇格 した。 『一人で飲めます』 かりんのぱぱ4639様 私自身は下戸で飲めません。 友人のために購入しました。 口当たりが良く、 一人で一本あけちゃった 。との事です。 ■ワイン名(原語)/Lanzaga Vinedos Telmo Rodriguez ■ブドウ品種/テンプラニーリョ/ガルナッチャ/グラシアーノ ■生産者名/テルモ・ロドリゲス ■産地/スペイン/リオハ ■内容量/750ml

ランサガ 2011 テルモ ロドリゲス 赤ワイン 得価,最新作 —— 2,800円

スペイン生産者ラ行

リオハ ラ エストラーダ 2014 ボデガス ランサガ テルモ ロドリゲス 赤ワイン 大得価,格安

■『ワイン・アドヴォケイト235号』より抜粋■ The third new single-vineyard bottling is the 2014 La Estrada, produced from mostly Tempranillo and Graciano grapes from a 0.64-hectare plot planted in the 1930s called La Estrada Alta. The vines are at the top of a northeast-facing slope at 610 meters in altitude on pure limestone clay that has always produced pure, deep and balanced wines and was always part of the Altos de Lanzaga cuvée. It fermented in an open 3,000-kilogram oak vat with indigenous yeasts and matured in oak foudres for 14 to 16 months. This is a very fresh plot with more Tempranillo than Garnacha , and it produces a very elegant and fine wine , which was the backbone of the Altos de Lanzaga bottling from the past. 1,289 bottles were filled in July 2016. ◆パーカーポイント:95点 ◆飲み頃予想:2018〜2018年 INFORMATIONNameRioja La Estrada Bodegas Lanzaga (Telmo Rodriguez)ブドウ品種テンプラニーリョ生産者名ボデガス・ランサガ(テルモ・ロドリゲス)産地スペイン/リオハRegionSpain/Rioja内容量750mlWA95/Issue 1st Mar 2018WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating

リオハ ラ エストラーダ 2014 ボデガス ランサガ テルモ ロドリゲス 赤ワイン 大得価,格安 —— 7,800円

スペイン生産者ラ行

M2 エメドス 2013 テルモ ロドリゲス 赤ワイン 爆買い,豊富な

■商品説明文について■ 下記の商品説明文は、2007年ヴィンテージのものになります。 ファースト・クラス搭載! 今や、航空会社にとって、機内でサービスするワイン選びは、航空会社の評判を左右する、とても 大事 なもの。 そんな訳で、各社、その選考にも、かなり力を入れているようですが、そんなひとつ、ANAのワイン選びも、かなりの念の入れよう。 なんと、2012年の搭載ワインを選ぶのに、エントリーされた数は 1859銘柄! 書類選考を通過した258銘柄から、 ブラインドテイスティング により高得点を獲得したワインがファーストクラス・ビジネスクラスワインとして選ばれたそうです。 しかも、選考メンバーには、あの、日本で初めて、 マスター・オブ・ワイン となった、ネッド・グッドウィン氏も参加という、気合いの入れようです。 そんな中で、見事、ファースト・クラスに選ばれるワインは、 ごく僅か。 そんじょそこらのコンクールよりも 狭き門 であることは、想像に難くありません。 しかも、お出しする相手は、ファーストクラスに搭乗する、 VIP! ちなみに、日本〜パリのファーストクラス往復航空運賃を調べたところ、1人 250万 ほどしました(汗)。(2012年7月初旬時点) そんな、マスター・オブ・ワインも認め、VIPを満足させちゃうワイン、 飲んでみたいですよね! で、ちょっと調べてみたら、 シャンパンはクリュッグ、 その他も、 1万円前後 のものが大半…(^^;) そんな中、あの生産者のワインを 発見! スペインの革命児、テルモ・ロドリゲスのワインが、2012年度、ヨーロッパ&米国路線の… 『ファースト・クラスに選ばれていました♪』 スペイン・ワインの今を語るに欠かせない人物、テルモ・ロドリゲス氏。老舗に生まれながらも、チャレンジを恐れず、そのセンスと努力で、世界にスペイン・ワインの魅力を発信した人物です。 その証拠に、先日、ベテラン・ワイン・ジャーナリストの方とお話していた際、他のスペイン・ワインの話だったにも関わらず、結局最後は、 テルモの話になったほど(笑) そんなテルモ・ロドリゲスが、リベラ・デル・ドゥエロで手掛けるのが、見事、 ANAファースト・クラス搭載ワイン となった、M2(エメ・ドス)です! しかも、今回ご紹介するヴィンテージ2007年が、 まさに、空を飛ぶんです♪ 250万払って、ファースト・クラスに乗らずとも、 同じワイン が飲めちゃうんですから、 コレは飲まない手はありません! 是非、お早めに!! 【ブドウ品種】テンプラニーリョ100% 『より洗練された味わい』monogusa_ari様 このボトルも美味しい。 これまで 何時どこで飲んでもハズレのなかった エメドスですが、今回のボトルも とても美味しくて満足 できました。 ペスケラよりやや強気な根付けですが、 より洗練された味わい で十分にその分の価値はあると思います。

M2 エメドス 2013 テルモ ロドリゲス 赤ワイン 爆買い,豊富な —— 3,700円