アレクサンダー オフィシャルブログ「ねこのしっぽ欲しいな」Powered by Ameba

アレクサンダー オフィシャルブログ「ねこのしっぽ欲しいな」Powered by Ameba




ブルゴーニュ地方

サン トーバン プルミエ クリュ ミュルジェ ド ダン ド シャン 2016 ドメーヌ ジャン シャルトロン 白ワイン S 低価,100%新品

■輸入元様資料より抜粋■ ピュリニーに本拠地を置くドメーヌで、創設者はピュリニー村の村長だった時に 村名をピュリニー モンラッシェ村とする正式な許可を得た人物 。 ピュリニー モンラッシェと隣接、GC<シュヴァリエ モンラッシェ>から200mほど上方に位置。サン トーバンの1級の中でも 最も優れたテロワール と言われ、凝縮感と力強さがあり、 フレッシュな果実味 と 程良い樽香り がうまく溶け合う、 バランスの良いエレガントな余韻の長いワイン 。 INFORMATIONNameSaint Aubin Premier Cru Murges des Dents de Chien Domaine Jean Chartronブドウ品種シャルドネ生産者名ドメーヌ・ジャン・シャルトロン産地フランス/ブルゴーニュ/コート・ド・ボーヌ/サン・トーバン/ミュルジェ・ド・ダン・ド・シャンRegionFrance/Bourgogne/Cote de Beaune/Saint Aubin/ Murges des Dents de Chien内容量750mlWA(89 - 91)/Issue 30th Dec 2017WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating 『モンラッシェ』を代表する 樽使いもお見事!な 凄腕老舗ドメーヌ ■輸入元様資料より抜粋■ 歴史: 1859年に樽職人だったジャン・エドゥアール・デュパール氏によって設立されました。 デュパール氏はピュリニー村の村長を務め、在任中に村名を『ピュリニー』から『ピュリニー モンラッシェ』に変更しました。 現在の当主は5代目のジャン・ミッシェル氏。それまで、ネゴシアン『シャルトロン トレブシェ』を経営していましたが売却、現在はドメーヌ業に専念しています。 栽培: 2006年からミッシェル氏は、リュリー、コート シャロネーズ、シャサーニュ モンラッシェなど6つのAOC、5ha分畑を追加取得。 16AOC、13haの畑を所有しています。 大部分の畑でビオロジック農法を導入し、収穫もすべて手摘みで行われています 。 ピュリニー モンラッシェ プルミエ クリュ クロ デュ カイユレとクロ ド ラ ピュセル、そしてシュヴァリエ モンラッシェ クロ デ シュヴァリエはこのドメーヌが単独所有しています 。 醸造: カーヴは温度、湿度が管理されていて、すべてのワインがこのカーヴ内に置いたオーク樽で行われます。 白ワインは、ヴィラージュクラス以上は樽発酵・樽熟成を行っています。 樽は フランスのオーク樽材の有名産地であるアリエ産とヴォージュ産を使用 しています。 新樽比率は10〜40%で、 樽の平均使用年数が5年以上にならないようにしています 。 熟成は8〜12ヶ月行います。赤ワインは開放型の木桶で発酵し、1日に2、3回ピジャージュとルモンタージュを行います。 白と同じく樽はアリエ産とヴォージュ産を使用。新樽比率は10〜60%で、熟成は12〜18ヶ月行います。

サン トーバン プルミエ クリュ ミュルジェ ド ダン ド シャン 2016 ドメーヌ ジャン シャルトロン 白ワイン S 低価,100%新品 —— 4,700円

ブルゴーニュ地方

サン トーバン プルミエ クリュ ミュルジェ ド ダン ド シヤン 2016 フィリップ パカレ 白ワイン 高品質,人気SALE

『パカレの白って、飲んだことありますか?』 ブルゴーニュ好きのお客様に質問です! 『パカレの白って、飲んだことありますか?』 パカレの赤を飲まれたことのある人って、結構いらっしゃると思うのですが、白を飲んだ事のある人は、まだまだ少ないかも知れません。 でも、一度でも飲んだら、 その清々しさや、清涼感の虜になると思います♪ INFORMATIONNameSaint Aubin Premier Cru Les Murges des Dents de Chien Philippe Pacaletブドウ品種シャルドネ生産者名フィリップ・パカレ産地フランス/ブルゴーニュ/コート・ド・ボーヌ/サン・トーバン/レ・ミュルジェ・デ・ダン・ド・シヤンRegionFrance/Bourgogne/Cote de Beaune/Saint Aubin/Les Murgers des Dents de Chiens内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating あの世界最高値のワイン ロマネ・コンティの醸造長の 座を蹴った男! あの 『世界最高値』 が付く、 ロマネ・コンティ社の醸造長就任の誘い を断り、自らのドメーヌを立ち上げた後も、たとえ小さくとも、たとえ無名でも、良質な畑、良質な生産者への協力を惜しまないフィリップ・パカレ氏。 時に不可解と言われる ビオディナミの理論 を、理路整然と語り、その裏打ちされた信念のもとに生み出されるワイン、そしてパカレ氏自らが、同じ生産者達からも、大いに尊敬される存在です。 初リリースの2001年、そして昨年リリースした、2003ボジョレー・プリムールと、彼のワインは常に注目を浴びています。 華やかな話題が先行していますが、ここまで彼のワインが人を惹き付けるのは、本人が語るように、彼のワインは、 『頭ではなく、心に訴えかける』 ものがあるからではないでしょうか。 愛娘 に 『何故ワインを飲むの?』 と、聞かれた際、 『ワインはエネルギー飲料だからさ。』 と答える、と真顔で語っていらっしゃいましたが(笑)、それも納得してしまうほど、彼は常に冷静で、どんな物にも動じない雰囲気を持っています。 生産者が最も神経を尖らせる収穫前でさえ、彼ほど常に落ちつき、冷静な態度で臨む人は珍しいそうです。 自らの造るワインのエネルギーのお陰なんでしょうか。 そんな顔を持つ一方、来日の際に 飛行機に乗る事を嫌がり 、離陸時には 『自分の根っこが、大地から引き離されているようだ。』 と怯えたという、まさに自然を尊重する栽培者としての エピソードも(笑) そんな、今、そしてこれからも常に注目を浴びるであろう、フィリップ・パカレ氏のワインが到着ですっ! 輸入元さんに入荷すると、 アッと言う間に注文が殺到っ! どうぞ、お見逃しなくー!! 【フィリップ パカレ氏からのメッセージ】 <2006年物について> 一般的には、2006年はテロワール由来の ミネラルが顕著 に感じられる、平均的な作柄の年と言われています。 8月はあまり天候に恵まれずに涼しかったのですが、9月になってからの好天気によってブドウの成熟がすすみ、良好な収穫となりました。収穫は9月26日に行いました。 2007年のボジョレーヌーヴォーにおいても同様でしたが、夏の涼しさ自体は、そこまで悲観的に考える必要はありません。 じっくりとブドウの成熟を待つことが出来れば、 上質で品のある酸 と エレガントなミネラル を得ることができます。 2005年のような天候に恵まれた年は、誰しもが余計な事さえしなければ質の良いワインを造れる年でしたが、個人的には2006年のようにヴィニュロン(ブドウ生産者)としての 仕事ぶりが如実に味わいに表れる年 に愛着と自信を感じます。 結果的には、2006年は非常に良好なワインに仕上がったと思います。 香りには各テロワールの特徴がしっかりと表現され、畑ごとの特徴をしっかりと感じられます。成熟したブドウが収穫できたのでアルコール度はやや高め、酸とのバランスも良好です。 赤ワインに関しては香り高くミネラル豊富、繊細でエレガントな味わいのワインです。 白ワインに関してはとてもリッチで、アルコールもしっかりしており、香り高いワインとなりました。 『暖み』を感じる ムルソー、モンテリー クロ ゴーテイ、サントーバン・アン・レミィといったテロワールは、力強くリッチな味わいです。 また 『冷たさ』を感じる ピュリニー モンラッシェ、サントーバン・ミュルジェ、ダン・ド・シアン、シャブリ・プルミエクリュ、コルトン・シャルルマーニュといったテロワールは、リッチかつミネラル豊富です。 <日本のお客様にメッセージ> 最後になりましたが、2006年のワインを皆さんの傍らにおいて頂き、グラスを片手にテロワールの織りなす華やかなアロマと豊かなミネラルを楽しんで頂ければと思います。 ワインは頭で考えて飲むのではなく、心で感じて飲んで頂くことが何よりも大切なことだと思います。 是非、皆さま2006年のワインを楽しんで下さい。 【ご理解下さい。】 フィリップ・パカレ氏は 自然な造りを信条 としています。 その為、通常酸化防止剤として使用されるSO2の使用を避ける為、瓶の中に二酸化炭素を注入、 液面をかなり高くする 等して、 酸化防止 をしています。 その為、気圧の変化による液漏れが輸送中に起こっている瓶が、多少なりともございますが、ワインの 品質に問題は無い ことは、フィリップ・パカレ氏 本人が認めています。 このような理由で、 このワインに関しては、 液漏れを理由とする返品・交換は致しかねます。 その点ご理解頂いた上で、お買い求め下さい。

サン トーバン プルミエ クリュ ミュルジェ ド ダン ド シヤン 2016 フィリップ パカレ 白ワイン 高品質,人気SALE —— 9,300円

ブルゴーニュ地方

サン トーバン ラ フォントノット 1999 マルク コラン 白ワイン ラベル瓶&キャップに汚れ 破れ 傷有り S 新作入荷,正規品

■商品の状態について■ 経年に伴い、ラベル、キャップシール、ボトルなどに、汚れや傷、破れや剥がれなど劣化があるものがございます。 状態もそれぞれ差がございます。 ※状態のご指定は、お受け出来ませんので、ご了承の上お買い求め下さい。商品到着後のキャンセルやご返品もご遠慮下さいませ。 INFORMATIONNameSaint Aubin La Fontenotte Marc Colinブドウ品種シャルドネ生産者名マルク コラン産地フランス/ブルゴーニュ/コート・ド・ボーヌ/サン・トーバンRegionFrance/Bourgogne/Cote de Beaune/Saint Aubin内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating 《要注目》 人気急上昇の産地で 最も偉大なドメーヌ! ■輸入元様資料より抜粋■ サントーバン はピュリニー・モンラッシェとシャサーニュ・モンラッシェの影に、文字通り隠された小さな村。 かつてはそのほとんどがコート・ド・ボーヌ・ヴィラージュで瓶詰めされるほど、目立たぬアペラシオンだったが、近年、その真の価値が認められるようになり、コート・ド・ニュイのマルサネとともに 人気に拍車がかかっている 。 その サントーバンで最も偉大なドメーヌのひとつがマルク・コラン 。1944年生まれのマルクは1970年、26歳の時にドメーヌを創設した。 当初はサントーバンとシャサーニュ・モンラッシェに6haの畑をもつのみだったが、80年代から90年代にかけて畑を広げ、サントーバン、シャサーニュ・モンラッシェのほか、ピュリニー・モンラッッシェとサントネイにも畑をもち、26のアペラシオンを手がけるまでに成長した。 モンラッシェを所有する16の造り手のひとりであり、10a68caの区画はシャサーニュ側の最上部、ギィ・アミオの2つの区画に挟まれた形で位置する。 またお膝元のサントーバンには8つの1級畑を所有。 もしも サントーバンのクリマの特徴を知りたければ、このドメーヌの1級畑を並べて試すとよい。 ブドウ栽培はリュット・レゾネで一部実験的にビオロジック。 マルクは2000年代前半に完全引退。後を継いだのは3人の息子と一人娘。相続の始まった当初は長男ピエール・イヴ、次男ジョゼフ、三男ダミアンがワインづくりを長女のカロリーヌが事務系をする事で運営されていたが、すぐにピエール・イヴが独立。 愛妻のジャン・マルク・モレイの娘カロリーヌと共にピエール・イヴ・コラン・モレイを立ち上げた。 その後2017年の収穫前に次男のジョセフが自分自身のドメーヌを立ち上げたため、現在、三男のダミアンが当主であり造り手、特にセラーを担当。 長女のカロリーヌとともに、ドメーヌを引き継ぐ事になり、現在のドメーヌの所有畑は12ha。

サン トーバン ラ フォントノット 1999 マルク コラン 白ワイン ラベル瓶&キャップに汚れ 破れ 傷有り S 新作入荷,正規品 —— 8,800円

ブルゴーニュ地方

サン トーバン一級ミュルジェ デ ダン ド シヤン 2014 フィリップ パカレ 白ワイン S tp 大得価,定番

『スゲーもったいないから。』 ■『リアルワインガイド54号』より抜粋■ ミネラル香が強く、それが他の要素をマスキングしているようで今は香りは閉じ気味。当然ミネラルの塊だ。 口に含むとミネラルの硬さはあるものの、液体全体のニュアンスは柔らかい。これが14年特徴だ。ともかくミネラルまみれのこのワインが調和するまで若干時間がかかる。 白だからといってすぐにコルクを抜くと、 スゲーもったいないから 。 (16年04月試飲) 今飲んで:91+点 ポテンシャル:92+点 飲み頃予想:2020年〜2040年 INFORMATIONNameSaint Aubin Premier Cru Les Murgers des Dents de Chiens Philippe Pacaletブドウ品種シャルドネ生産者名フィリップ・パカレ産地フランス/ブルゴーニュ/コート・ド・ボーヌ/サン・トーバン/レ・ミュルジェ・デ・ダン・ド・シヤンRegionFrance/Bourgogne/Cote de Beaune/Saint Aubin/Les Murgers des Dents de Chiens内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating あの世界最高値のワイン ロマネ・コンティの醸造長の 座を蹴った男! あの 『世界最高値』 が付く、 ロマネ・コンティ社の醸造長就任の誘い を断り、自らのドメーヌを立ち上げた後も、たとえ小さくとも、たとえ無名でも、良質な畑、良質な生産者への協力を惜しまないフィリップ・パカレ氏。 時に不可解と言われる ビオディナミの理論 を、理路整然と語り、その裏打ちされた信念のもとに生み出されるワイン、そしてパカレ氏自らが、同じ生産者達からも、大いに尊敬される存在です。 初リリースの2001年、そして昨年リリースした、2003ボジョレー・プリムールと、彼のワインは常に注目を浴びています。 華やかな話題が先行していますが、ここまで彼のワインが人を惹き付けるのは、本人が語るように、彼のワインは、 『頭ではなく、心に訴えかける』 ものがあるからではないでしょうか。 愛娘 に 『何故ワインを飲むの?』 と、聞かれた際、 『ワインはエネルギー飲料だからさ。』 と答える、と真顔で語っていらっしゃいましたが(笑)、それも納得してしまうほど、彼は常に冷静で、どんな物にも動じない雰囲気を持っています。 生産者が最も神経を尖らせる収穫前でさえ、彼ほど常に落ちつき、冷静な態度で臨む人は珍しいそうです。 自らの造るワインのエネルギーのお陰なんでしょうか。 そんな顔を持つ一方、来日の際に 飛行機に乗る事を嫌がり 、離陸時には 『自分の根っこが、大地から引き離されているようだ。』 と怯えたという、まさに自然を尊重する栽培者としての エピソードも(笑) そんな、今、そしてこれからも常に注目を浴びるであろう、フィリップ・パカレ氏のワインが到着ですっ! 輸入元さんに入荷すると、 アッと言う間に注文が殺到っ! どうぞ、お見逃しなくー!! 【フィリップ パカレ氏からのメッセージ】 <2006年物について> 一般的には、2006年はテロワール由来の ミネラルが顕著 に感じられる、平均的な作柄の年と言われています。 8月はあまり天候に恵まれずに涼しかったのですが、9月になってからの好天気によってブドウの成熟がすすみ、良好な収穫となりました。収穫は9月26日に行いました。 2007年のボジョレーヌーヴォーにおいても同様でしたが、夏の涼しさ自体は、そこまで悲観的に考える必要はありません。 じっくりとブドウの成熟を待つことが出来れば、 上質で品のある酸 と エレガントなミネラル を得ることができます。 2005年のような天候に恵まれた年は、誰しもが余計な事さえしなければ質の良いワインを造れる年でしたが、個人的には2006年のようにヴィニュロン(ブドウ生産者)としての 仕事ぶりが如実に味わいに表れる年 に愛着と自信を感じます。 結果的には、2006年は非常に良好なワインに仕上がったと思います。 香りには各テロワールの特徴がしっかりと表現され、畑ごとの特徴をしっかりと感じられます。成熟したブドウが収穫できたのでアルコール度はやや高め、酸とのバランスも良好です。 赤ワインに関しては香り高くミネラル豊富、繊細でエレガントな味わいのワインです。 白ワインに関してはとてもリッチで、アルコールもしっかりしており、香り高いワインとなりました。 『暖み』を感じる ムルソー、モンテリー クロ ゴーテイ、サントーバン・アン・レミィといったテロワールは、力強くリッチな味わいです。 また 『冷たさ』を感じる ピュリニー モンラッシェ、サントーバン・ミュルジェ、ダン・ド・シアン、シャブリ・プルミエクリュ、コルトン・シャルルマーニュといったテロワールは、リッチかつミネラル豊富です。 <日本のお客様にメッセージ> 最後になりましたが、2006年のワインを皆さんの傍らにおいて頂き、グラスを片手にテロワールの織りなす華やかなアロマと豊かなミネラルを楽しんで頂ければと思います。 ワインは頭で考えて飲むのではなく、心で感じて飲んで頂くことが何よりも大切なことだと思います。 是非、皆さま2006年のワインを楽しんで下さい。 【ご理解下さい。】 フィリップ・パカレ氏は 自然な造りを信条 としています。 その為、通常酸化防止剤として使用されるSO2の使用を避ける為、瓶の中に二酸化炭素を注入、 液面をかなり高くする 等して、 酸化防止 をしています。 その為、気圧の変化による液漏れが輸送中に起こっている瓶が、多少なりともございますが、ワインの 品質に問題は無い ことは、フィリップ・パカレ氏 本人が認めています。 このような理由で、 このワインに関しては、 液漏れを理由とする返品・交換は致しかねます。 その点ご理解頂いた上で、お買い求め下さい。

サン トーバン一級ミュルジェ デ ダン ド シヤン 2014 フィリップ パカレ 白ワイン S tp 大得価,定番 —— 9,900円

ブルゴーニュ地方

サン ロマン キュヴェ ド ラ マサンジュ ブラン 2014 ポンソ 白ワイン S 最安値,爆買い

夏みかんや金柑のニュアンス など、 熟した柑橘系の香りとフローラルな印象 、少し麦のような芳しさなど、凝縮した中にも、純度の高さを感じる香りが感じられます。 味わいにも、伸びやかな質感の中にたっぷりの旨味が詰まっており、充実した酸味とムラの無い質感、余韻のミネラルの印象など、その質の高さを随所に感じさせます。 ポンソと言えば、 アリゴテで素晴らしい白 を手掛けたり、数は少ないものの、素晴らしいクレマンを造ったりと、赤だけでなくその全てに高品質へのこだわりを感じますが、このサン・ロマンも、そんな事がしっかり伝わる美味しさです。 サン・ロマンは、ポンソの中では比較的お手頃ですが、ポンソの哲学はしっかりと感じて頂けると思います。 深い思考の元、高品質なワインを生み出していた彼らがドメーヌを去る話は、来日の際にお会いした直後だったのもあり、本当にビックリしましたが、ドメーヌのスタイルは基本的に変わる事はなく、ローラン氏は別のワインを手掛けるという事なので、それぞれが魅力的なワインを生み出し続けてくれることを願うのみですね。 (2018年5月24日試飲) ■ワイン名(原語)/Saint Romain Cuvee de la Mesange Blanc Ponsot ■ブドウ品種/シャルドネ ■生産者名/ポンソ ■産地/フランス/ブルゴーニュ/コート・ド・ボーヌ/サン・ロマン/サン・ロマン・キュヴェ・ド・ラ・マサンジュ・ブラン ■内容量/750ml

サン ロマン キュヴェ ド ラ マサンジュ ブラン 2014 ポンソ 白ワイン S 最安値,爆買い —— 7,600円

ブルゴーニュ地方

サン ロマン コンブ バザン 2012 ドメーヌ ド シャソルネイ 白ワイン S 人気セール,お買い得

■ワイン名(原語)/Saint Romain Combe Bazin 2012 Domaine de Chassorney ■色/白ワイン ■味わい/辛口 ■ブドウ品種/シャルドネ ■生産者名/ドメーヌ・ド・シャソルネイ ■産地/フランス/ブルゴーニュ ■原産地呼称/AOCサン・ロマン ■生産年/2012 ■内容量/750ml ドメーヌ・ド・シャソルネイ シャソルネ フレデリック・コサール コサール 『DRCと比肩!』と 評されたほどの絶品! 数が少ないので、早い者勝ち!! ブルゴーニュ好きの方ならば、このワインが、凄いワインである事、ご存じの事と思います! ワイン専門各紙でも、こんな評価をされてます♪ 【ロマネ・コンティのグラン・クリュに比肩!】 フランスのワイン評価本 『クラスマン』 において… 『彼の2000年ヴィンテージのニュイ・サン・ジョルジュ、クロ・デ・ザルジリエールは、 ロマネ・コンティ のグラン・クリュに比肩!』 と記された事でその人気に一気に火がつき、日本市場においてもフィリップ・パカレ氏のワインと並んで自然派ワイン業界の牽引者的な存在のワインとして確固たる地位を築き上げています。 最近ではフランスの『レクスプレス』誌においても 『フレデリック・コサール氏のワインは、そのテロワールを表現した 最高峰のワイン である』 と、評価されたり、さらには南部ローヌ地方の自然派の雄として知られるグラムノン社の今は亡き巨人フィリップ・ローラン氏の息子である、マキシム・ローラン氏が、現在ドメーヌ・ド・シャソルネを修行先に選んでいる事実でも、その名声が本物である事が裏付けられています。 (大橋健一氏著『自然派ワイン』よリ抜粋) 【新進のドメーヌ!】 フィリップ・パカレ と並べ称される ビオディナミ を実践している新進のドメーヌ。 本誌4号でも書いたが、ワインという農産物の昔の味がおそらくそうであったように、決して濃厚で味のはっきりしたものではなく、純粋な果実のエキスのパワーがあり、大地の自然な香りと滋味あふれる旨みと味わいのシャソルネイのワインは、その生産量の少なさからも フランス本土 はもちろん、この日本でも人気がとても高い。 (『リアルワインガイド誌』 6号より抜粋) 【冷静で化学的な目がここにある!】 『ワイン造りの根幹は、自然体でいること、ワインを信用する事だ。そして決して嘘をつかないことだ。 畑で一生懸命働けば、結果は返ってくる。 それは卓球をやるようなもの。 ワインはそれぞれ異なっている。だからそれに対応してバランスをとってやる感覚が大切だ。 農業の基本は土だ。ブドウは自分で病気だとは言わないが、悪いものは土壌から来る。 だから医者なら土壌を見て判断しなければいけない。つまり土地の解釈だ。』 フレデリックは、土地がもたらす美点を正確に読み取る感覚があり、それを実際のワインへと昇華させる技術がある。 だからこそ、彼は自分の『ワインを信用する』ことが可能となり、SO2を入れずとも、かくも純度の高い香りと味わいを生み出す。 『慎重に作業し、とても清潔にし、良い樽を使うこと』 と、曖昧さのない正統的な答え。 冷静で化学的な目がここにある。 (『ワイナート誌24号』よリ抜粋) と、大絶賛されてます。 赤・白ともに、 新樽100% を使用、栽培方法・収穫方法・醸造方法まで全て自己流と言う、独特の理念で、コサール氏のワインは生まれます。 その結果は? 彼のワインが、どれだけ評価されているか、上の記事をご覧頂いてもお分かりの通りです。 私が始めてコサール氏のワインを飲んだ時、その生命力溢れる味わいに 『凄い人がいるもんだ!』 と、やたらに印象に残りました。 一貫したスタイルがありながら、土地の土や空気感が感じられるような味わい。 一年中の殆どを、 畑の中で過ごす コサール氏だから、畑に語り、畑に語られ、その味わいをブドウが素直に表現する事が出来、彼のワインがこれほどに、飲んだ人の心を捉えて離さないんですね。 どうやら、かなり人気が上がっているらしく、段々と手に入りにくくなりそうなのが気になるところですが、やはりそれでも飲みたくなる、コサール氏のワイン、限定入荷しましたっ!!

サン ロマン コンブ バザン 2012 ドメーヌ ド シャソルネイ 白ワイン S 人気セール,お買い得 —— 5,300円

ブルゴーニュ地方

サン ロマン コンブ バザン 2016 ドメーヌ ド シャソルネイ 白ワイン S 限定セール,正規品

■『リアルワインガイド62号』より抜粋■ じょーだん抜きに マジにコンブ(昆布)の香り がする。つまり、うま味がメチャ多いってこってす。 口に含むと還元風味の奥にうま味たっぷりの味が控えており、それらがちょこちょこ顔を出すもんだから 美味しさの波状攻撃にあう 。このワインも以前からずっと造られ続けてきたが、年々の進化により今ではナチュラルさだけではなく ジューシーさとフレッシュさが思いっきり加わった。本当に美味しいです 。 ◆今飲んで:91+点 ◆ポテンシャル:92点 ◆飲み頃予想:今〜2040年 (2018年4月試飲) 品種樹齢土壌シャルドネ18年〜88年粘土質・石灰質テイスティング・コメント 梨、黄リンゴ、シトラス、スイカズラ、白いバラ、乾パン、フュメの香り。ワインはピュアかつフルーティーで透明感があり、ダシのように澄んだ旨味エキスと繊細な酸、キメの細かいミネラルがきれいに同調する! ちなみに! 収穫日は2016年10月3日、4日。収量は27hL/ha!区画はコンブ・バザンの中でも上方に位置する。2009年の地質調査でコンブ・バザンはモンラッシェと同じ地層にあることがわかった!畑面積は2.5ha。新樽は30%、残りの70%は2~3年樽を使用!(前年の新樽と古樽の比率は20:80) INFORMATIONNameSaint Romain Rouge Combe Bazin Domaine de Chassorneyブドウ品種シャルドネ生産者名ドメーヌ・ド・シャソルネイ産地フランス/ブルゴーニュ/コート・ド・ボーヌ/サン・ロマン/コンブ・バザンRegionFrance/Bourgogne/Cote de Beaune/Saint Romain/Combe Bazin内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating ドメーヌ・ド・シャソルネイ シャソルネ フレデリック・コサール コサール 『DRCと比肩!』と 評されたほどの絶品! 数が少ないので、早い者勝ち!! ブルゴーニュ好きの方ならば、このワインが、凄いワインである事、ご存じの事と思います! ワイン専門各紙でも、こんな評価をされてます♪ 【ロマネ・コンティのグラン・クリュに比肩!】 フランスのワイン評価本 『クラスマン』 において… 『彼の2000年ヴィンテージのニュイ・サン・ジョルジュ、クロ・デ・ザルジリエールは、 ロマネ・コンティ のグラン・クリュに比肩!』 と記された事でその人気に一気に火がつき、日本市場においてもフィリップ・パカレ氏のワインと並んで自然派ワイン業界の牽引者的な存在のワインとして確固たる地位を築き上げています。 最近ではフランスの『レクスプレス』誌においても 『フレデリック・コサール氏のワインは、そのテロワールを表現した 最高峰のワイン である』 と、評価されたり、さらには南部ローヌ地方の自然派の雄として知られるグラムノン社の今は亡き巨人フィリップ・ローラン氏の息子である、マキシム・ローラン氏が、現在ドメーヌ・ド・シャソルネを修行先に選んでいる事実でも、その名声が本物である事が裏付けられています。 (大橋健一氏著『自然派ワイン』よリ抜粋) 【新進のドメーヌ!】 フィリップ・パカレ と並べ称される ビオディナミ を実践している新進のドメーヌ。 本誌4号でも書いたが、ワインという農産物の昔の味がおそらくそうであったように、決して濃厚で味のはっきりしたものではなく、純粋な果実のエキスのパワーがあり、大地の自然な香りと滋味あふれる旨みと味わいのシャソルネイのワインは、その生産量の少なさからも フランス本土 はもちろん、この日本でも人気がとても高い。 (『リアルワインガイド誌』 6号より抜粋) 【冷静で化学的な目がここにある!】 『ワイン造りの根幹は、自然体でいること、ワインを信用する事だ。そして決して嘘をつかないことだ。 畑で一生懸命働けば、結果は返ってくる。 それは卓球をやるようなもの。 ワインはそれぞれ異なっている。だからそれに対応してバランスをとってやる感覚が大切だ。 農業の基本は土だ。ブドウは自分で病気だとは言わないが、悪いものは土壌から来る。 だから医者なら土壌を見て判断しなければいけない。つまり土地の解釈だ。』 フレデリックは、土地がもたらす美点を正確に読み取る感覚があり、それを実際のワインへと昇華させる技術がある。 だからこそ、彼は自分の『ワインを信用する』ことが可能となり、SO2を入れずとも、かくも純度の高い香りと味わいを生み出す。 『慎重に作業し、とても清潔にし、良い樽を使うこと』 と、曖昧さのない正統的な答え。 冷静で化学的な目がここにある。 (『ワイナート誌24号』よリ抜粋) と、大絶賛されてます。 赤・白ともに、 新樽100% を使用、栽培方法・収穫方法・醸造方法まで全て自己流と言う、独特の理念で、コサール氏のワインは生まれます。 その結果は? 彼のワインが、どれだけ評価されているか、上の記事をご覧頂いてもお分かりの通りです。 私が始めてコサール氏のワインを飲んだ時、その生命力溢れる味わいに 『凄い人がいるもんだ!』 と、やたらに印象に残りました。 一貫したスタイルがありながら、土地の土や空気感が感じられるような味わい。 一年中の殆どを、 畑の中で過ごす コサール氏だから、畑に語り、畑に語られ、その味わいをブドウが素直に表現する事が出来、彼のワインがこれほどに、飲んだ人の心を捉えて離さないんですね。 どうやら、かなり人気が上がっているらしく、段々と手に入りにくくなりそうなのが気になるところですが、やはりそれでも飲みたくなる、コサール氏のワイン、限定入荷しましたっ!!

サン ロマン コンブ バザン 2016 ドメーヌ ド シャソルネイ 白ワイン S 限定セール,正規品 —— 5,200円

ブルゴーニュ地方

サン ロマン コンブ バザン ブラン 2016 シャントレーヴ 白ワイン 人気セール,正規品

■『リアルワインガイド62号』より抜粋■ ACブルとは打って変わって 本格派の香りに満ちている 。ワインそれぞれに役目があるのだ。というワケで、 ミネラルのプチ塊がここにも 。 口に含むとジューシー。そして美しい酸がキラリ 。その結果、このワインも 身体染み入りワイン なのだ。今は香りで感じたほどのミネラル感が味にはまだないが、今後調和がとれて出てくると思う。それでもこの ピュアさ が補って余りある。 ◆今飲んで:89点 ◆ポテンシャル:89+点 ◆飲み頃予想:今〜2035年 (2018年4月試飲) INFORMATIONNameSaint-Romain Combe Bazin Blanc Chanterevesブドウ品種シャルドネ生産者名シャントレーヴ産地フランス/ブルゴーニュ/コート・ド・ボーヌ/サン・ロマンRegionFrance/Bourgogne/Cote de Beaune/Saint-Romain内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating

サン ロマン コンブ バザン ブラン 2016 シャントレーヴ 白ワイン 人気セール,正規品 —— 3,700円

ブルゴーニュ地方

サン ロマン スー ロッシュ 2013 ドメーヌ ド シャソルネイ 赤ワイン S 人気セール,お得

『しばらく忘れてほしい。』 ■『リアルワインガイド誌50号』より抜粋■ 今は還元的。 その還元香の奥にはハッキリと 梅きのこ香 がある。そしてしっかりと目の詰まった感がある。口に含むとやはり硬い。味も液体も硬い。けど、とても美味しいし、 ポテンシャルの高さ がイヤになるほど分る。く ともか晩熟型 。 美味しいけど早飲みすると持っている力の1/3も味わえないので要注意。持っていることをしばらく忘れてほしい。 ◆今飲んで:89点 ◆ポテンシャル:92点 ◆飲み頃予想:2022〜2042年 INFORMATIONNameSaint Romain Sous Roches Domaine de Chassorneyブドウ品種ピノ・ノワール生産者名ドメーヌ・ド・シャソルネイ産地フランス/ブルゴーニュ/コート・ド・ボーヌ/サン・ロマンRegionFrance/Bourgogne/Cote de Beaune/Saint Romain内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating ドメーヌ・ド・シャソルネイ シャソルネ フレデリック・コサール コサール 『DRCと比肩!』と 評されたほどの絶品! 数が少ないので、早い者勝ち!! ブルゴーニュ好きの方ならば、このワインが、凄いワインである事、ご存じの事と思います! ワイン専門各紙でも、こんな評価をされてます♪ 【ロマネ・コンティのグラン・クリュに比肩!】 フランスのワイン評価本 『クラスマン』 において… 『彼の2000年ヴィンテージのニュイ・サン・ジョルジュ、クロ・デ・ザルジリエールは、 ロマネ・コンティ のグラン・クリュに比肩!』 と記された事でその人気に一気に火がつき、日本市場においてもフィリップ・パカレ氏のワインと並んで自然派ワイン業界の牽引者的な存在のワインとして確固たる地位を築き上げています。 最近ではフランスの『レクスプレス』誌においても 『フレデリック・コサール氏のワインは、そのテロワールを表現した 最高峰のワイン である』 と、評価されたり、さらには南部ローヌ地方の自然派の雄として知られるグラムノン社の今は亡き巨人フィリップ・ローラン氏の息子である、マキシム・ローラン氏が、現在ドメーヌ・ド・シャソルネを修行先に選んでいる事実でも、その名声が本物である事が裏付けられています。 (大橋健一氏著『自然派ワイン』よリ抜粋) 【新進のドメーヌ!】 フィリップ・パカレ と並べ称される ビオディナミ を実践している新進のドメーヌ。 本誌4号でも書いたが、ワインという農産物の昔の味がおそらくそうであったように、決して濃厚で味のはっきりしたものではなく、純粋な果実のエキスのパワーがあり、大地の自然な香りと滋味あふれる旨みと味わいのシャソルネイのワインは、その生産量の少なさからも フランス本土 はもちろん、この日本でも人気がとても高い。 (『リアルワインガイド誌』 6号より抜粋) 【冷静で化学的な目がここにある!】 『ワイン造りの根幹は、自然体でいること、ワインを信用する事だ。そして決して嘘をつかないことだ。 畑で一生懸命働けば、結果は返ってくる。 それは卓球をやるようなもの。 ワインはそれぞれ異なっている。だからそれに対応してバランスをとってやる感覚が大切だ。 農業の基本は土だ。ブドウは自分で病気だとは言わないが、悪いものは土壌から来る。 だから医者なら土壌を見て判断しなければいけない。つまり土地の解釈だ。』 フレデリックは、土地がもたらす美点を正確に読み取る感覚があり、それを実際のワインへと昇華させる技術がある。 だからこそ、彼は自分の『ワインを信用する』ことが可能となり、SO2を入れずとも、かくも純度の高い香りと味わいを生み出す。 『慎重に作業し、とても清潔にし、良い樽を使うこと』 と、曖昧さのない正統的な答え。 冷静で化学的な目がここにある。 (『ワイナート誌24号』よリ抜粋) と、大絶賛されてます。 赤・白ともに、 新樽100% を使用、栽培方法・収穫方法・醸造方法まで全て自己流と言う、独特の理念で、コサール氏のワインは生まれます。 その結果は? 彼のワインが、どれだけ評価されているか、上の記事をご覧頂いてもお分かりの通りです。 私が始めてコサール氏のワインを飲んだ時、その生命力溢れる味わいに 『凄い人がいるもんだ!』 と、やたらに印象に残りました。 一貫したスタイルがありながら、土地の土や空気感が感じられるような味わい。 一年中の殆どを、 畑の中で過ごす コサール氏だから、畑に語り、畑に語られ、その味わいをブドウが素直に表現する事が出来、彼のワインがこれほどに、飲んだ人の心を捉えて離さないんですね。 どうやら、かなり人気が上がっているらしく、段々と手に入りにくくなりそうなのが気になるところですが、やはりそれでも飲みたくなる、コサール氏のワイン、限定入荷しましたっ!!

サン ロマン スー ロッシュ 2013 ドメーヌ ド シャソルネイ 赤ワイン S 人気セール,お得 —— 5,200円

ブルゴーニュ地方

サン ロマン スー ロッシュ 2016 ドメーヌ ド シャソルネイ 赤ワイン S 人気定番,限定SALE

■『リアルワインガイド62号』より抜粋■ 梅きのこと共に大地香とミネラルが見事。加えてしっとりとした滋味深さもあるからたまらない。 口に含むとうま味たっぷり、ナチュラルさたっぷり、 ピュアでジューシーで思わず笑ってしまう美味しさ 。それなりのコート・ド・ニュイの生産者が造る村名ワインが束になってもかなわない美味しさだ。 毎年毎年見事すぎる 。そして何より、このご時世にこの高品質ナチュラルブルゴーニュが この価格でいいのか!?というハイCPぶりが凄い。 ◆今飲んで:91点 ◆ポテンシャル:92点 ◆飲み頃予想:今〜2038年 (2018年4月試飲) 品種樹齢土壌ピノノワール68年平均粘土質・石灰質テイスティング・コメント グロゼイユ、グリオット、パッションフルーツ、シャクヤク、オランジェットの香り。口当たり滑らかかつ芳醇でしっとりと染み入るような優しい果実味があり、後から鉱物的なミネラルとキメの細かいタンニンが余韻を引き締める! ちなみに! 収穫日は2016年10月3日、4日。収量は30hL/ha!スー・ロッシュは区画名で名前の通り薄い表層土のすぐ下を分厚い石灰岩層が続く。畑面積は1.2ha。新樽は30%、残りの70%は2~3年樽を使用!(前年の新樽と古樽の比率は40:60) INFORMATIONNameSaint Romain Rouge Sous Roches Domaine de Chassorneyブドウ品種ピノ・ノワール生産者名ドメーヌ・ド・シャソルネイ産地フランス/ブルゴーニュ/コート・ド・ボーヌ/サン・ロマン/スー・ロッシュRegionFrance/Bourgogne/Cote de Beaune/Saint Romain/Sous Roches内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating ドメーヌ・ド・シャソルネイ シャソルネ フレデリック・コサール コサール 『DRCと比肩!』と 評されたほどの絶品! 数が少ないので、早い者勝ち!! ブルゴーニュ好きの方ならば、このワインが、凄いワインである事、ご存じの事と思います! ワイン専門各紙でも、こんな評価をされてます♪ 【ロマネ・コンティのグラン・クリュに比肩!】 フランスのワイン評価本 『クラスマン』 において… 『彼の2000年ヴィンテージのニュイ・サン・ジョルジュ、クロ・デ・ザルジリエールは、 ロマネ・コンティ のグラン・クリュに比肩!』 と記された事でその人気に一気に火がつき、日本市場においてもフィリップ・パカレ氏のワインと並んで自然派ワイン業界の牽引者的な存在のワインとして確固たる地位を築き上げています。 最近ではフランスの『レクスプレス』誌においても 『フレデリック・コサール氏のワインは、そのテロワールを表現した 最高峰のワイン である』 と、評価されたり、さらには南部ローヌ地方の自然派の雄として知られるグラムノン社の今は亡き巨人フィリップ・ローラン氏の息子である、マキシム・ローラン氏が、現在ドメーヌ・ド・シャソルネを修行先に選んでいる事実でも、その名声が本物である事が裏付けられています。 (大橋健一氏著『自然派ワイン』よリ抜粋) 【新進のドメーヌ!】 フィリップ・パカレ と並べ称される ビオディナミ を実践している新進のドメーヌ。 本誌4号でも書いたが、ワインという農産物の昔の味がおそらくそうであったように、決して濃厚で味のはっきりしたものではなく、純粋な果実のエキスのパワーがあり、大地の自然な香りと滋味あふれる旨みと味わいのシャソルネイのワインは、その生産量の少なさからも フランス本土 はもちろん、この日本でも人気がとても高い。 (『リアルワインガイド誌』 6号より抜粋) 【冷静で化学的な目がここにある!】 『ワイン造りの根幹は、自然体でいること、ワインを信用する事だ。そして決して嘘をつかないことだ。 畑で一生懸命働けば、結果は返ってくる。 それは卓球をやるようなもの。 ワインはそれぞれ異なっている。だからそれに対応してバランスをとってやる感覚が大切だ。 農業の基本は土だ。ブドウは自分で病気だとは言わないが、悪いものは土壌から来る。 だから医者なら土壌を見て判断しなければいけない。つまり土地の解釈だ。』 フレデリックは、土地がもたらす美点を正確に読み取る感覚があり、それを実際のワインへと昇華させる技術がある。 だからこそ、彼は自分の『ワインを信用する』ことが可能となり、SO2を入れずとも、かくも純度の高い香りと味わいを生み出す。 『慎重に作業し、とても清潔にし、良い樽を使うこと』 と、曖昧さのない正統的な答え。 冷静で化学的な目がここにある。 (『ワイナート誌24号』よリ抜粋) と、大絶賛されてます。 赤・白ともに、 新樽100% を使用、栽培方法・収穫方法・醸造方法まで全て自己流と言う、独特の理念で、コサール氏のワインは生まれます。 その結果は? 彼のワインが、どれだけ評価されているか、上の記事をご覧頂いてもお分かりの通りです。 私が始めてコサール氏のワインを飲んだ時、その生命力溢れる味わいに 『凄い人がいるもんだ!』 と、やたらに印象に残りました。 一貫したスタイルがありながら、土地の土や空気感が感じられるような味わい。 一年中の殆どを、 畑の中で過ごす コサール氏だから、畑に語り、畑に語られ、その味わいをブドウが素直に表現する事が出来、彼のワインがこれほどに、飲んだ人の心を捉えて離さないんですね。 どうやら、かなり人気が上がっているらしく、段々と手に入りにくくなりそうなのが気になるところですが、やはりそれでも飲みたくなる、コサール氏のワイン、限定入荷しましたっ!!

サン ロマン スー ロッシュ 2016 ドメーヌ ド シャソルネイ 赤ワイン S 人気定番,限定SALE —— 5,300円

ブルゴーニュ地方

サン ロマン ブラン 2015 ベルトラン アンブロワーズ 白ワイン 人気SALE,品質保証

■『リアルワインガイド誌58号』より抜粋■ という訳で15年もこのワインは お買い得ワイン なのだった。 - INFORMATIONNameSaint Romain Blanc Bertrand Ambroiseブドウ品種シャルドネ生産者名ベルトラン・アンブロワーズ産地フランス/ブルゴーニュ/コート・ド・ボーヌ/サン・ロマンRegionFrance/Bourgogne/Cote de Beaune/Saint-Romain内容量750mlWA/Issue WS/Issue ※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating ブルゴーニュの隠れた優良生産者 最近すごく気になっているドメーヌ。 当主は、あの高名なドメーヌ・ショパン・グロフィエの ダニエル・ショパンの弟子です。 この小さなドメーヌは、まだまだ名前は出てきていないが必ずブルゴーニュの名醸造家の仲間入りすることは間違いないと思います。 これから 絶対 に注目すべき造り手の一人である事は、間違いありません。 1987年設立。ブルゴーニュのドメーヌにしては、歴史の浅い造り手ながら、その造りが評判を呼び、 確実なファンを掴んでいるのが、このベルトラン・アンブロワーズです。 以前は、ノン・フィルターにより、濃厚で、インパクト第一の香り、味わいのワインを生み出す印象が強かった、ベルトラン・アンブロワーズですが、年々、艶やかさ、フィネス、エレガントさを兼ね備えたワインを生み出すようになり、そのワインは、円熟期を迎えつつある気がします。 そんなベルトラン・アンブロワーズから、何と、クレマンを含む、ヴァラエ ティ豊かなワイン、をご紹介します。

サン ロマン ブラン 2015 ベルトラン アンブロワーズ 白ワイン 人気SALE,品質保証 —— 2,800円

ブルゴーニュ地方

サン ロマン ブラン 2015 ルイ ジャド 白ワイン 人気,セール

INFORMATIONNameSaint Roman Blanc Louis Jadotブドウ品種シャルドネ生産者名ルイ・ジャド産地フランス/ブルゴーニュ/コート・ド・ボーヌ/ボーヌ/サン・ロマンRegionFrance/Bourgogne/Cote de Beaune/Beaune/Saint Roman内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating

サン ロマン ブラン 2015 ルイ ジャド 白ワイン 人気,セール —— 3,500円

ブルゴーニュ地方

サン ロマン ブラン ヴィエイユ ヴィーニュ V.V. 2016 ドメーヌ ド ベレーヌ 白ワイン 超激得,品質保証

■輸入元様資料より抜粋■ Sous Roche, En Chevrot, Sous le Chateau, La Periere内の合計7区画による。 メロンや柑橘系のピュアな果実味、ミネラル分豊かでシャープな切れ味を伴う余韻。熟成の樽は450Lと228Lを併用し新樽比率は25%。平均樹齢55年。 INFORMATIONNameSaint Romain Blanc Vieilles Vignes Domaine de Belleneブドウ品種シャルドネ生産者名ドメーヌ・ド・ベレーヌ産地フランス/ブルゴーニュ/コート・ド・ボーヌ/サン・ロマンRegionFrance/Bourgogne/Cote de Beaune/Saint-Romain内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating

サン ロマン ブラン ヴィエイユ ヴィーニュ V.V. 2016 ドメーヌ ド ベレーヌ 白ワイン 超激得,品質保証 —— 4,200円

ブルゴーニュ地方

サンクティトゥード 2013 ルー ベアティトゥディネム 泡 白 送料無料,人気セール

■掲載画像について■ 掲載の画像は2012年ヴィンテージのものになりますが、 販売は2013年 ヴィンテージです。 ルー・デュモンの仲田さんが! ■輸入元様資料より抜粋■ セル・シュル・ウルス村の優良区画『ヴァル・シャンピニャ』産の シャルドネ100% によるブラン・ド・ブラン。 粘土石灰質土壌。樹齢約15年。 『ルー・デュモン』の醸造に使用した樽を一部用いて100%樽で発酵後、8ヶ月間樽熟成。 ドザージュは約5g/l。 『サンクティトゥード』はラテン語で、 『ピュア、純粋さ』 という意味。 年間1800本の 限定生産作品 です。 ■ワイン名(原語)/Sanctitudo Lou Beatitudinem ■ブドウ品種/ ■生産者名/ルー・ベアティトゥディネム ■産地/フランス/シャンパーニュ(シャンパン) ■内容量/750ml 仲田晃司 NHK プロフェッショナル

サンクティトゥード 2013 ルー ベアティトゥディネム 泡 白 送料無料,人気セール —— 5,400円

ブルゴーニュ地方

サントネ ブラン レ シャルム ドゥス 2016 ドメーヌ ド ベレーヌ 白ワイン 赤字超特価,2019

■輸入元様資料より抜粋■ 一級畑クロ・ルソーの真下の美しい畑に植わる2004年植樹の若い樹より。 例年通り2-4%程交じる貴腐葡萄が特有のエキゾチックなアロマを与えている。600Lのデュミ・ミュイを使用し、新樽比率は30%。 INFORMATIONNameSantenay Blanc Les Charmes Dessus Domaine de Belleneブドウ品種シャルドネ生産者名ドメーヌ・ド・ベレーヌ産地フランス/ブルゴーニュ/コート・ド・ボーヌ/サントネイ/シャルム・ドゥスRegionFrance/Bourgogne/Cote de Beaune/Santenay/Charmes Dessus内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating

サントネ ブラン レ シャルム ドゥス 2016 ドメーヌ ド ベレーヌ 白ワイン 赤字超特価,2019 —— 4,700円

ブルゴーニュ地方

サントネイ プルミエ クリュ ボールペール 1998 ロッシュ ド ベレーヌ コレクション ベレナム 赤ワイン 定番人気,高品質

グラスを透かして見ると、 とても美しい紅葉のようなガーネット 。 バラの花、 ドライクランベリー や 山査子 、 クコの実 のような オリエンタルな香りと味わい 。なめらかな口当たりですが、しっかりと引き締まったタンニンが芯となり、筋の通った、 力強さも感じられる熟成古酒 です。 (2018年10月14日試飲) INFORMATIONNameSantenay Premier Cru Beaurepaire Roches de Belleneブドウ品種ピノ・ノワール生産者名ロッシュ ド ベレーヌ(コレクション ベレナム)産地フランス/ブルゴーニュ/コート・ド・ボーヌ/サントネイ/ボールペールRegionFrance/Bourgogne/Cote de Beaune/Santenay/Beaurepaire内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating

サントネイ プルミエ クリュ ボールペール 1998 ロッシュ ド ベレーヌ コレクション ベレナム 赤ワイン 定番人気,高品質 —— 6,100円

ブルゴーニュ地方

サントネイ ルージュ 2001 セレクション パトリック クレルジェ 赤ワイン S 2019,最新作

今が飲み頃♪ 良い熟成 を経たことが感じられる、美しいガーネットの色合いと、香りには、 コケモモ 、野イチゴやラズベリーのエキス、 バラなどのドライフラワー 、ほのかに感じる土のニュアンスが、しっとりとかつかぐわしい香りを放ち、その香りには一貫して 熟成からくる芳しい甘み を楽しむことが出来ます。 味わいも香り同様、調和が取れ よくなじんだジューシーなうま味と酸 を備えた味わいが心地よく、口の中いっぱいに広がります。余韻にはスパイスや干し果実や花の印象が広がり、心地よく長く続きます。 今まさに飲み頃の美味しさをご堪能頂けます! INFORMATIONNameSantenay Rouge Selection Patric Clergetブドウ品種ピノ・ノワール生産者名パトリック・クレルジェ産地フランス/ブルゴーニュ/コート・ド・ボーヌ/サントネイRegionFrance/Bourgogne/Cote de Beaune/Santenay内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating

サントネイ ルージュ 2001 セレクション パトリック クレルジェ 赤ワイン S 2019,最新作 —— 2,500円

ブルゴーニュ地方

サヴィニー レ ボーヌ オー グラン リアール 2014 シモン ビーズ 赤ワイン S 100%新品,大人気

『千砂さんのフル稼働が始まった。』 現在、妻として長年ドメーヌを支えてきた千砂さんが、2013年に急逝した夫パトリック氏の後を継ぎ取り仕切るシモン・ビーズ。 新たな扉を開いた シモン・ビーズの魅力がどんどん増しているのは、『リアルワインガイド誌』でも語られている通りですが、今回、2014年のグラン・リアールを飲んで、そのことを実感! より輪郭がクッキリと明確になり、品格を感じる美味しさ は、隠しようがありません。 ブルゴーニュ好きなら、今、この魅力を知っておかねば勿体ないです! ■『リアルワインガイド誌55号』より抜粋■ 千砂さんのフル稼働が始まった 。 そして初めて自身で本格的に手掛けた14年は、これまでのスタイルに 繊細性が明確に加わった 。 香りをひと嗅ぎした瞬間、液体を口に入れた瞬間わかる。 その繊細さとそこにある力強さ、 見事なスタイルと品質だ 。 ■輸入元様資料より抜粋■ 1級畑のゲットやヴェルジュレスのある丘のすそ野に位置するこの村名畑は、南向きの好条件。 ビーズ家3代でそれぞれ植えた樹が育ち、魂が宿る。 熟したラズベリーと赤スグリの香り、しなやかな果実味を感じさせるフルボディ。 ワンランク上の村名サヴィニー・レ・ボーヌ 。 INFORMATIONNameSavigny-les-Beaune Aux Grands Liards Simon Bizeブドウ品種ピノ・ノワール生産者名シモン・ビーズ産地フランス/ブルゴーニュRegionFrance/Bourgogne内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating NHKで放映! 『ヴィニュロンの妻 日本人マダムと 名門ドメーヌ 再起の闘い』 その 端正なスタイル で、ブルゴーニュ好きを魅了する、シモン・ビーズ。 当主パトリック氏のポリシーは… 『バランスがとれ、土壌毎のキャラクター及びヴィンテージの性格がよく出ているワインを生み出す事。』 と言われていました。 シモン・ビーズの定評は、そのワインの 奇をてらわない美味しさ が、ブルゴーニュ・ワイン好きにとって、大事な存在であり続けたから。 赤も白も、 透明感とミネラル感 を備え、各畑の個性を映し出すその味わいは、ブドウに正直な仕事をしないと出せない味わいです。 『艶やかなブルゴーニュを堪能したい!』 という方に、是非飲んで頂きたい造り手です。 そのパトリック氏が、2013年10月、61歳の若さで急逝、そのニュースを聞いた私たちも、 『この先、どうなるんだろう・・・ 』 と、一抹の不安を隠せませんでした。 彼の妻であり、日本人女性の千砂さんは、かねてから日本のワイン好きの間では知られた存在でしたが、その千砂さんと、パトリックの妹で、ヴォーヌ・ロマネのドメーヌ・ジャン・グリヴォに嫁いだマリエルが、ドメーヌの舵取りを行い、シモン・ビーズは、 歩みを止めることなく、困難を乗り越えました! その様子が、NHK《Eテレ》 ETV特集 『ヴィニュロンの妻 日本人マダムと名門ドメーヌ 再起の闘い』 で放映されました。 【NHK特集】 ETV特集『ヴィニュロンの妻 日本人マダムと名門ドメーヌ 再起の闘い』 歴史あるドメーヌに嫁ぎ 、職人気質の夫を支えてきた、ビーズ千砂さん。 急逝した夫との突然の別れという、抱えきれない苦しみの中、ドメーヌの今、そしてこれからを決めなければいけないという 現実と立ち向かった、2013年 。 そして、 前を向き、ドメーヌを守り続ける事を誓った 彼女を支えた、家族やスタッフに、多くの方が、心を打たれたのではないでしょうか。 千砂さんが、 『ドメーヌのマダム』から、『ヴィニュロン』へ 変わる年となった、2013年。 そして、 パトリック氏が手掛けた、2012年 。 どのワインにも、彼らの思い、 人生が詰まっています 。 放映を見て、シモン・ビーズのワインを飲みたいと思われた方も多かったようで、タカムラで販売していた、シモン・ビーズのワインは、放映後、ほとんど売り切れてしまいました…(汗) でも、 追加で入荷しました ので、ご紹介させて頂きます。 千砂さんと会われた方はお分かりでしょうが、話を聞けば、彼女は嫁いでから今まで、夫同様、 ドメーヌともに歩んで来た ことが、分かります。ちなみに、2015年に日本でお会いした千砂さんは、TVのとおり、飾らず、でも、自分をしっかり持っている、素敵な女性でした。 元々、 2008年からビオディナミを実践 するようになったのも、千砂さんがパトリック氏に提案したのがきっかけというのですから、そのセンスは、折り紙つきなのです。 更に、息子ユーゴ君は今、ドメーヌの跡取りになるべく、 勉強中だとか! この先、息子ユーゴ君も大きな力になっていくであろう、シモン・ビーズのワインを、 毎年味わって頂く方が増えるといいな と、こころから願っています。 シモン・ビーズのこれからに、 ますます期待して下さい!! ■輸入元様資料より抜粋■ ワイン造りは今も昔も変わらない。 白ワインは収穫後、ブドウをただちに圧搾し、12時間のデブルバージュ。小樽に移して発酵。クリマに応じて6〜12ヶ月の樽熟成を行う。 新樽率は15〜30%と比較的少なめ で、古い樽は5年ものまで使用する。 バトナージュは機械的には行わず、各樽の状態を見て判断するという。 赤ワインの醸造も古典的。 基本は100%全房である。 近年の例外は成熟の難しい区画のブドウを除梗した2007年と、大雨や雹に祟られ完全除梗を決断した2013年。 発酵には木桶を使い、柔らかな抽出のためピジャージュは足。その後、樽に移すが新樽率はきわめて低く、まったく新樽を使わないキュヴェも多い。 収穫翌年の1月から3月にかけてすべてのワインを瓶詰めする。 シモン・ビーズのワインの特徴は”端正”のひと言。 白は きれいな酸味が基調 でミネラルに富み、赤は しなやか ながらストラクチャーはしっかりしてる。いわゆる 過剰なところがないのがこのドメーヌの特徴 であり、料理と合わせるとじつにおいしく、その値ごろ感からもレストラン向けのワインといえるだろう。

サヴィニー レ ボーヌ オー グラン リアール 2014 シモン ビーズ 赤ワイン S 100%新品,大人気 —— 4,300円