アレクサンダー オフィシャルブログ「ねこのしっぽ欲しいな」Powered by Ameba

アレクサンダー オフィシャルブログ「ねこのしっぽ欲しいな」Powered by Ameba




ワイン ヴィーナス メルロ&カベルネ ソーヴィニヨン 2016 奥野田ワイナリー 赤ワイン お買い得,品質保証

ワイン ヴィーナス メルロ&カベルネ ソーヴィニヨン 2016 奥野田ワイナリー 赤ワイン お買い得,品質保証

■ワイナリーHPより抜粋■

自社農園で収穫したメルロ、カベルネ・ソーヴィニヨンを用い、12カ月のオーク樽熟成を経て生み出されたこのワインは、スミレやカシス、根菜類などを思わせる深く豊かな果実香と、樽由来のコーヒーやビターチョコレートなどの香りが溶け合い、しなやかなタンニンと酸味が、長い余韻とエレガントさを感じさせる仕上がりです。
今後の瓶熟成により、香り・味わい共、さらに深みを増してゆくポテンシャルを秘めている、奥野田ワイナリーのフラッグシップワインです。太陽と大地の恵みをたっぷり受けた奥行きある味わいをどうぞお楽しみください。



INFORMATION
NameMerlot & Cabernet Barrel Aged Domaine Okunota
ブドウ品種自社農園収穫メルロ種50% カベルネ・ソービニヨン種50%
生産者名奥野田ワイナリー
産地日本/山梨県
RegionJapan/Yamanashi
内容量750ml
WA−/Issue −
WS−/Issue −

『絶対ご紹介しよう!』
行ってきました、
奥野田ワイナリー!

先日、山梨県のワイナリー訪問をしてきました!
その中で、素敵なワインを見つけて来ました♪
『リアルワインガイド誌34号』でも、紹介されている、中村ご夫妻が営む、奥野田ワイナリーです。


■『リアルワインガイド34号』より抜粋■

現在の甲州市塩山牛奥、古くは奥野田と呼ばれた地に拠を構える1989年創立のワイナリー。
明治時代から地域のワイン造りを担ってきた醸造所を発展的に譲り受けた中村雅量さん(1962年生まれ)は、中央葡萄酒で醸造長を務めた後、自分のワインを造るためにこの土地へ。
現在では自社農場(1.5ha)と、信頼できる契約農家で栽培されるブドウからワインを造っている。
以前、24号で試飲したときの印象は、出来る限り自然な手法で造られているだろうワインたちはどれもナチュラルで果実の力を感じるものだが、個性的な風味が飲む人を選んでしまうもの。
しかし今回、その気負い感も個性的な風味も見事に消えた、美しいワインへと変身していた。特筆すべきは、日本のワインにはあまり感じられないミネラルがきちんとあること。
そのおかげで全てのワインは見事につややかで立体的
中村さんと奥様の亜貴子さん、ここのワインに惚れ込みサラリーマンから転身した栽培担当の細川順一郎さんの三人でこのワインを造り上げている。


目の前に並んだワインの味わいは、それぞれのブドウの味わいがきれいに生かされ、ほど良いミネラル感が心地よいもの。
そして更に、奥様が描かれたラベルが、そのワインのイメージをより伝えてくれるという、なんとも素敵なものでした♪
お話や、お二人の様子からも、中村さんご夫妻が、常にワイナリーの仕事を共有し、考え、未来を一緒に向いている事は明らか。
『絶対ご紹介しよう!』
帰り道、嬉しい出会いに、気持ちが弾んだのは、言うまでもありません♪
そんな奥野田ワイナリーの、魅力あふれるワイン達をご紹介します。
大事な方に、お花を贈る変わりに、素敵な花が描かれたこのワインを贈るのも、素敵かも♪
奥野田ワイナリー、是非味わってみて下さい!


■奥野田ワイナリーについて■

ココは、元々、地元の人々の共有ワイナリーのような存在だった場所だそうです。当時、中央葡萄酒の醸造長という、名誉ある立場にあった中村さんに、そのワイナリーを引き継いでくれないかという話があった事から、彼の新たな道が始まりました。
『リアルワインガイド誌』にもあるように、奥野田ワイナリーのワインには、日本のワインにあまり感じる事のない、ミネラル感が感じられます。
私も、試飲の際に、同じ感想を持ち、聞いてみたところ、こんな答えが返ってきました。
『私達の畑は、スキーでいえば、上級者コースにあたるような斜面の畑もあります。その分、仕事は大変ですが、土が肥え過ぎる事なく、表土は浅く、その下の石灰質の土壌にまで根が届くため、収量が増えすぎる事なく、ワインにミネラル感が備わるのです。
比較的、平地にある事が多い、山梨の畑。そこでは、土が肥え過ぎて、ブドウが育ち過ぎ、味わいが平坦にならないように、ブドウの樹精を抑える事に意識が向けられる中、彼らの畑は、その逆をいき、収量が自然と抑えられるという利点を持っています。』


その他にも、色々お話を伺ったのですが、どの話も、中村さん自身が、ワイン造りのキャリアの中で、実際に経験し、考え、答えを見つけてきたであろう事が明らかな、説得力のあるものでした。
そして、そんなワイナリーを盛りたてるのが、奥様の亜樹子さん。ラベルは勿論、ワイン造りに関しても、積極的に取り組んでいらっしゃるのが、お話からも明らか!
こんな素敵なご夫婦が、共に造り上げているワインです♪
是非、その魅力を味わって下さい!


ワインにタップリの愛情を注ぐ中村ご夫妻